2006年06月15日

もやしもん - Moyasimon

『もやしもん』という漫画をよみました。
農大が舞台の漫画です。

……懐かしい顔にも出会えました。
おなじみの顔もいたりします。

参考 :Amazon.co.jp: 本: もやしもん 1 (1)


Mi legas la bildrakonton "Moyasimon".
Ĝia scenejo estas universitato de agrokulturo.

Mi renkontis malnovan familiaran vizaĝon.
Familiara vizaĝo aperas en la rakonto.
posted by tomo at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

ちびくろ・さんぼ - Tibikuro Sanbo

本屋に行ったら、『ちびくろ・さんぼ』が山積みになってました。
『ちびくろ・さんぼ』は私が小さいときに母によく読んでもらった大好きな絵本です。

「ちびくろ」も「さんぼ」も差別語だからってことで、廃刊になっていました。
でも、どんな言葉も悪い意味に使えるし、どんな言葉も良い意味に使えると思います。
復刊してとても嬉しいです。

虎のバター、とてもおいしそうです。

Kiam mi iris al la librvendejo, la blidlibro "Tibikuro Sanbo (Eta Nigra Sanbo)" kuŝis multe.
Mia patrino ofte legis la bildlibron por mi, kaj mi tre amas la libron.

Oni diris ke "tibikuro" kaj "Sanbo" estas diferencigvorto, do la libro estis ĉespresita.
Sed mi pensas, ke ni povas uzi cial vortoj por malbona senco, kaj ni povas uzi cial vortoj por bona senco.
Mi tre ĝojas la represitan libron.

La butero de tigro, kiu skribita en la libro, ŝajnas tre bonguste!
posted by tomo at 22:37| Comment(1) | TrackBack(3) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

『クイール』を見ました - Mi vidis "Quill"

今日、テレビで映画『クイール』が放送されていました。
クイールという盲導犬の物語なんですが、とても感動しました。
クイールを演じている犬が、とても演技上手です。
クイールはでっかいわんこですが、ウチにいる、ちっちゃいわんこにも見習わせたいくらいです。
『いぬのえいが』が見たくなりました。

La filmo "Quill" televidigis hodiaŭ.
Ĝi estas rakonto pri vivdaŭro de kondukhundo. Ĝi tre emociis min.
La hundo, kiu rolis Quill, rolis tre bone.
Quill estas granda hundo, sed ri estas imitinda por eta hundo en mia hejmo.
Mi ekvolas vidi nun pabligatan filmon "Inu no Eiga (Filmo de Hundo)".
posted by tomo at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

『NANA』の最新巻 - lasta volumo de "NANA"

昨日、TSUTAYAの前を歩いていると、路上で『NANA』の最新巻が売られてました。
妹がいつも買ってくるので、私もいつも読んでます。

最新巻はナナとハチの結婚の話です。
あれよあれよといううちに、読みきってしまいました。

でも、どうしていつも、気になるところで終わるんでしょう?
気にならないところで終わってくれたら、気が楽なのに。
あ〜、次の巻が待ち遠しい……。

参考 :Amazon.co.jp: 本: NANA 12 (12)


Hieraŭ oni vendis lastan volumon de "NANA" en vojflanko antaŭ TSUTAYA, kiu estas muzik-pruntedonejo.
"NANA" estas tre tre populara bildrakonto en japanio.
Mia fratino ĉiam aĉetas ĝin, do mi ĉiam legas ĝin.

La lasta volumo estas pri edziĝo de Nana kaj Hati.
Dum mi miris al la rakonto, mi ellegis ĝin.

Kial la rakonto finiĝas en plenzorga sceno?
Se ĝi finiĝus en senzorga sceno, mi ne zorgus ĝin.
Ho.. Mi aspiras la sekvan volumon..
posted by tomo at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

のぼせた私と『笑わない数学者』 - mi kapturna kaj "Matematika Ĝis Revido"

森博嗣の『笑わない数学者 - Mathmatical Goodbye』で色々考えてしまいました。

私、家庭教師のバイトをしてるんですけど、
最近、偶然にも理科で天球について教えています。

中学の教科書なんかを読んでると、
時々、あぁ、ズルいなぁ、と思います。

中学生の頃は、その「ズルさ」に気づきませんでした。
でも、大学生になると、その「ズルさ」に気づいてしまいました。

「私の知っている地動説」は「ズルい」と思います。
でも、「ガリレオの考えた地動説」は「ズルくない」と思います。

と、思います。


追記。(ここのエスペラント語訳はサボりました m(_ _)m )

コメントをいただいて、もう一度読み返しました。
それまでは、私には「不定」でした。
本を閉じて、いわゆる逆トリックは「収束」した、と、思います。
具体的に書くとネタバレになっちゃうので、抽象的でゴメンナサイ。

「シュレーディンガーの猫」という話があります。(少し残酷かも。。)
猫を、一定時間後に1/2の確率でランダムに毒殺する装置のついた、鉛の箱の中に入れます。
外にいる観測者には、箱を開けずにその生死は確認できません。
ここで、一定時間経過した後、箱は閉じたままだとします。
箱の内では、猫の生死は、生か死のどちらかに「収束」してるはずなのに、
箱の外の観測者にとっては、猫の生死は確かめようがないので「不定」である、という話です。

『笑わない数学者』では、私は「猫」といっしょに箱の「内」にいる観測者です。
私は「猫」を観察できるので、「生死」は収束してしまいます。
でも、「外」の観測者である助教授さんには、「猫」を見れないので、「生死」は不定です。

「内」と「外」は、このたとえでは逆です。(でも、内と外は定義の問題でしたね。。)
猫の「生死」は、問題の解です。内の人も外の人も確かめようとしてます。
そして、問題の解を確かめるための「猫」は『笑わない数学者』ということ、ではないでしょうか。

Mi pensas multajn aferon, kiam mi legis "Ne Ridanta Matematikisto" de Mori Hirosi.

Mi kromlaboras estiel hejminstruisto.
Lastatempe, mi okaze instruis pri ĉielglobo.

Kiam mi legas lernolibron de mezlernejo, mi fojfoje sentas, ke ĝi estas ruza.

Kiam mi estis mezlernejano, mi ne atentis la "ruzecon".
Sed kiam mi estas universitatano, mi atentis la "ruzecon".

La termov-teorio, kiun mi scias, estas ruza. mi pensas ĉi tiel.
Sed la termov-teorio, kiun Galileo pensis, estas ne ruza. mi pensas ĉi tiel.

Mi pensas ĉi tiel.
posted by tomo at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

『笑わない数学者』とのぼせた私 -- "Ne Ridanta Matematikisto" kaj mi trobaniĝinta

森博嗣の『笑わない数学者』という本を読みました。
そのなかに、次のようなパズル問題がありました。

《五つのビリヤードの玉を真珠のネックレスのように、リングに繋げてみるとしよう。
玉には、それぞれナンバが書かれている。
さて、この五つの玉のうち、幾つ取っても良いが、隣どうし連続したものしか取れないとしよう。
一つでも、二つでも、五つでも全部でも良い。
しかし、離れているものは取れない。
この条件で取った玉のナンバを足し合わせて、1から21までのすべての数ができるようにしたい。
さあ、どのナンバの玉を、どのように並べて、ネックレスを作れば良いかな?》

これ、登場人物の犀川先生は、煙草を吸いながら、頭の中で、10分で解いたそうです。
私は、お風呂の中で、図を書いて、所要時間30分。

物語は、殺人事件と数字パズルとリドルストーリーという、私の好きなものばかり。
この中には、前々から私が思っていた、「鏡の謎」の明確な解答も示されています。

 《「岡部君……。これで、三回目だと思うけど……、私、工学部ですからね」》

参考 :Amazon.co.jp: 本: 笑わない数学者

Mi legis la novelon "Warawanai Suugakusya (Ne Ridanta Matematikisto)" de Mori Hirosi.
En la novelo, estas jena puzlo.

Kunĉenadu 5 pilkojn de bilardo ringe, kiel kolĉeno de perlo.
La pilkoj havas siajn numerojn.
Nu, vi povas preni ajnan multan pilkojn, sed vi povas preni nur kontinuan pilkojn.
Vi povas preni unu, dŭ, kvin, aŭ ĉiom pilkojn.
Sed vi ne povas preni distancan pilkojn.
En tiu ĉi kondiĉo, sumigu numerojn de prenata pilkoj. Ĉu vi povas fari numeron el "1" al "21"?
Kiel vi kunĉenadas la pilkojn, kaj fari la kolĉenon?

Doktoro Saikawa, kiu estas rolanto de la novelo, solvis ĝin en 10 minutoj, per nur ria kapo, dum ri fumis.
Mi solvis ĝin en 30 minutoj, per skribi figuron, dum mi baniĝis.

La novelo enhavas mortaferon, matematikan puzlon, kaj enigman rakonton, kiujn mi amas.
Plue, la novelo klarigas "enigmo de spegulo", kiu kaprompis min!!
posted by tomo at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

惜しい中村雅俊 - domaĝa Nakamura Masatosi

TOKIOの番組の、『メントレG』を見ていました。
今日のゲストは俳優の中村雅俊でした。

その顔を見たとき、思いました。「この人だ!!」
実は、私の大学の教授で、中村雅俊にメチャメチャ似てる人がいるのです。

妹にその教授の写真を見せると、「なんか、惜しい感じ」と言いました。
ちょっと失礼かな……?

Mi televidis la programon "Mentore G", en kiu aperas TOKIO, kiu estas japana iĉa idolgrupo.
Hodiaŭa gesto estas aktoro Nakamura Masatosi.

Kiam mi vidis rian vizaĝon, mi pensas ke "Ĝi estas ĉi tiu!".
Fakte, profesoro de mia universitato tre similis rin.

Mi vidigis foton de la profesoro al mia fratino.
Mia fratino diris "Ri estas ete domaĝa".
Tio estas neĝentila, ĉu ne?
posted by tomo at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

約三十の嘘 - Ĉirkaŭ Tridek Malveroj

『約三十の嘘』という映画が見てみたいです。
どういうストーリーかというと、
6人の詐欺師のチームが仕事の帰りに夜行列車に乗ります。
仕事(偽物の羽毛布団の販売)で稼いだ大金の詰まったスーツケースも一緒です。
大金をめぐって様々な思いが交錯します。
しかし、そのスーツケースが消えてしまいました。

こう書くとありがちな話みたいですけど、
その詐欺師たちが一癖ある人物たちなのです。
なんといっても、演じる俳優が豪華! というか、私の好きな人だらけ!
6人の詐欺師たちを演じるのは、椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴杏里。
この人達の出演作を何作も言えるくらいです。

そう、この映画を見たい最大の理由は、この人達の演技を見たいからなのです。

参考 :約三十の嘘(公式サイト)
トラックバック先 :映画『約三十の嘘』宣伝日記

Mi volas vidi la filmon "Ĉirkaŭ Tridek Malveroj (Yaku Sannjuu No Uso)".
La rakonto estas ĉi tio.
Teamo de sec tranmpistoj envagoniĝas noktan trajnon survoje de okupo.
Kun ili, estas la valizo, en kiu plena mono kiun ili perlaboritis per vendado de lanugkusenego.
Diversa penso pri la plena mono okazas.
Sed la valizo malaperas!

Ĝi ŝajnas ke estas ne rara rakonto.
Sed la sec trampistoj estas tre unikaj homoj.
Precipe, la aktoroj estas luksa! Krome estas mia amata aktoroj.
La aktoroj estas Siina Kippei, Nakatani Miki, Tumabuki Satosi, Tanabe Seiiti, Yasima Tomohito, Ban Annri.
Mi povas diri kelkaj verkoj de la aktoroj.

Nu, kial mi volas vidi ĝin, estas ke mi volas vidi ilian aktoradon!
posted by tomo at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

FNS歌謡祭 - Kantofestivalo de FNS

FNS歌謡祭を少し見ました。
テレビの前に行くとちょうど『マツケンサンバ』が始まりました。
健様はカッコいいですねぇ。見惚れてしまいました。

間奏の間に、後ろに二人、男性の方が出てきます。
たぶん、右側で踊っていた人が振り付けをされた方なのでしょう。
腕の振りとかにキレがあって、上手いなぁと思いました。

中森明菜さんも出ていました。
友近さんのモノマネは上手かったんだなぁと思いました。

Mi televidis la programon Kantofestivalo de FNS.
Kiam mi iris antaŭ televidilo, ĝuste komenciĝis "Matuken Sanba (sambo de Matuken)".
Sinjoriĉo Ken estas tre bona! Mi admiris ĝin.

Dum interludo de la kanto, du viriĉoj aperis malantaŭ Ken.
Ŝajnas, ke la homo, kiu dancis dekstraflanke, estas dancoverkisto de la kanto.
Ri svingis sian brakon akre. Mi pensas ke ria danco estas bela.

Nakamori Akina ankaŭ aperis al la programo.
Mi pensas ke imitado pri ri de Tomotika similas bone.
posted by tomo at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

ホラーコメディー? - hororokomedio?

この間の『百鬼夜行抄』ですが、妹が次々に新しい巻を買ってきます。
とりあえず全部そろえるつもりらしいです。
面白いんだけど、怖いんです。これ。
ええと、ホラーコメディーとでもいうのでしょうか……。

しかし、妹によると、「怖くはない」とのこと。
いや、十分怖いです。

司さんはいつも大活躍です。

参考 :Amazon.co.jp: 本: 百鬼夜行抄 (2)
参考 :Amazon.co.jp: 本: 百鬼夜行抄 (3)
参考 :Amazon.co.jp: 本: 百鬼夜行抄 (4)

Mia fratino sinsekve aĉetas novan volumon de "Hyakkiyakousyou", pri kio mi skribas antaŭe.
Ri diras ke volas kompletigi ĉiajn volumojn.
Ĝi estas interesa, sed horora.
Ĝi indas diri kiel "hororokomedio", ĉu ne?

Sed laŭ mia fratino, "Ĝi ne estas tre horora."
...Por mi ĝi estas plene horara.

Tukasa ankoraŭ aperas multe.
posted by tomo at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

鉄腕DASHの特番 - speciala programo de "Tetuwan DASH"

鉄腕DASHの特番を見ました。
深夜にやっていた頃から見ていたので、懐かしい映像がたっぷりでした。

今も面白いですが、深夜の頃のバカバカしい企画はもう一度見てみたいです。
GPSで宝探しとか、アヒル隊長の川下りとか、もう一度やってほしい企画もたくさんあります。

なかでも、TOKIOによるストリートミュージシャンの企画は是非とも再放送して欲しいです。
あの感動をもう一度!!

参考 :『DASH WEB』

Mi televidis specialan programon de "Tetuwan DASH"
Mi vidis ĝin, de kiam ĝi televidigis malfrunokte.
Malnova bildo rememorigis al mi.

Ĝi estas interesa ankaŭ nun. Sed mi volas vidi malnovan ŝerceman programon, kiun televidigis malfrunoke.
Mi volas vidi "Serĉi trezoron per GPS", "Malsupreniri riveron de trupĉefisto Anaso", k.t.p.

Inter aliaj, mi plej volas vidi "Stratmuzikisto far TOKIO".
Ankoraŭfoje la kortuŝon!
posted by tomo at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

『百鬼夜行抄』 - "Rakontaro Pri Noktiri De Multaj Diabloj"

妹に薦められて、『百鬼夜行抄』という漫画を読みました。
妖怪の出てくる漫画です。
……怖い話は苦手なんですけど。

前に読んだ『蟲師』と違って、スタンダードな妖怪譚といった感じです。
でも、なんというか、地味なところは似通っている気がします。
民俗学的な雰囲気が少し漂っているところも似ています。
また、私でも耐えれるくらいの怖さで、面白いところもたっぷりです。

主人公は律さんといって、クールでカッコいい感じ。
また、律さんの従姉の、司さんという人がなんとなく好きです。
美人で、お酒好き、方向音痴。その上、霊感体質だけど、怖がり。
主人公の父? もキモチワルイ笑い方で、いい感じです。

妹は何故私が学校のレポートで苦しんでいるときに限って、漫画を薦めるのでしょうか……?

Amazon.co.jp: 本: 百鬼夜行抄 (1)

Pro rekomendo de mia fratino, mi legis la bildrakonton "Hyakkiyakousyou (rakontaro pri noktiri de multaj diabloj)".
Multaj diabloj aperas en la bildrakonto.
...Mi ne tre amas hororon.

Ĝi estas norma diablorakonto kompare kun "Musisi", kiu mi legis antaŭe.
Sed ili havas ia komunaĵo. Ili ambaŭ havas kvietan atmosferon.
Plie, ili ambaŭ skribas pri folkloro.
Ĝia hororeco esatas eltenebla por mi. Aldone, ĝi havas humuron

Heroo estas nomita je Ritu, kiu estas kvieta kaj fidebla.
Ria kuzo, Tukasa plaĉas al mi.
Ri estas bela, drinkema, kaj vojerarema. Plie, ri estas inspirema, sed timema.
Patriĉo de heroo ambaŭ estas interesa persono. Ri ridas strange.

Kial mia fratino rekomendas bildrakontojn, nur kiam mi estas okupita pro farenda raportaĵo?
posted by tomo at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

クイズ!紳助くん - Divenaĵo de Sinsuke!

『クイズ!紳助くん』という、多分ローカルの番組が好きで毎週見ています。
司会者の島田紳助さんが謹慎中なので、他のレギュラー出演者の人が交代で司会をしているみたいです。

今回の司会者は若手お笑いコンビ、ロザンの宇治原さんでした。
私はロザンをテレビで見ているときは、いつもハラハラしながら応援しています。
この番組出演者の中で最も若手なので司会が務まるか心配していたのですが、杞憂でした。

円さんや、オール巨人さんがツッコミで助けていました。
ゲストの宝生舞さんも、ポツリとキツくて面白かったです。
……綺麗で面白いなんて羨ましいなぁ。

参考 :朝日放送 | クイズ!紳助くん

Mi amas la televidan programon "Divenaĵo de Sinsuke!", kiu eble estas loka programo.
Mi vidas ĝin ĉiusemajne.
Nun, gastiganto Simada Sinsuke forestas, do alia regululo gastigas alterne.

Ĉi-foje, gastiganto estas Uzihara, kiu estas duopano de Rozan.
Mi ĉiam vidas Rozan maltrankvile kaj plifervorigante.
Ri estas plej juna ĉeestanto, do mi zorgis ĉu ri povas plenumi rian taskon.
Sed ĝi estas senbezona zorgo.

Madoka kaj All-Kyojin helpis rin.
La gasto Housyou Mai ankaŭ estas amuza per ria akra vorto.
Mi aspiras rin, kiu estas bela kaj amuza...
posted by tomo at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

『弟』 - "Fratiĉeto"

ドラマ『弟』を見ました。
石原慎太郎の同名の小説が原作です。

青年時代の石原裕次郎役が徳重聡さんで、
石原慎太郎役が長瀬智也さんです。
二人とも似ていて、時々見間違えてしまいました。

どちらも演技が上手くて、また、脇役の人も上手いです。
次回も見ようと思います。


Mi vidis dramon "Fratiĉeto".
Ĝia originalo estas same nomita novelo de Isihara Sintaro.

Rolo de juneca Isihara Yuujiro estas Tokusige Satosi.
Rolo de juneca Isihara Sintaro estas Nagase Tomoya.
Ili similas reciproke, do mi fojfoje eraris distingi ilin.

Ambaŭ ili rolis bone. Kaj vicroluloj ankaŭ rolis bone.
Do mi volas vidi sekvan fojon.
posted by tomo at 23:57| Comment(1) | TrackBack(1) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月16日

KAT-TUN - la grupo nomita KAT-TUN

妹が友人からKAT-TUNというグループのライブのDVDを借りてきました。
KAT-TUNというのは、ジャニーズJr.の中のグループだそうです。
私はそういうのに疎いので全然知りませんでした。

内容ですが、なんというか、とても初々しく思えました。
若いなぁ〜、とか思う私は年をとってしまったのでしょうか?

参考 :Amazon.co.jp: DVD: お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!

Mia fratino prunteprenis DVD de grupo nomita KAT-TUN el ria amiko.
Oni diras, ke KAT-TUN estas grupo en Johnny's Junior.
Mi ne scias bone pri ĉi tia idolgrupo, do mi ne sciis ilin.

Dirante pri la enhavo, por mi ili ŝajnas esti naivaj.
"Kia juna..."
Ĉu mi, kiu pensas ĉi tiel, estas maljuniĝita?
posted by tomo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

黒革の手帳 - La Poŝlibro el Nigra Ledo

『黒革の手帳』を見ています。
ドラマっぽいドラマなので面白いです。
主役の米倉さんがはまり役で、脇役も豪華。

今回は仲村トオルさんがたっぷり出てました。
妹が仲村トオルさんのファンなので、喜んでいました。

参考 :松本清張 黒革の手帖(公式サイト)

Mi vidas televidan dramon "La Poŝlibro el Nigra Ledo".
Ĝi estas la dramo kiel dramo, do amuzas min.
Yonekura Ryouko, kio estas ĉefrolulo, estas laŭrolo.
Aldone, vicroluloj estas tre bonaj!

Ĉi-foje, Nakamura Tooru aperis multe.
Mia fratino amas rin, do ĝojis.
posted by tomo at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

テスト・ザ・ネイション - Testu la Nacion

本日放送の、テスト・ザ・ネイションをやってみました。
ネットで、じゃなくて、紙と鉛筆で、ですけど。
私のIQは104と出ました。
うーん、普通よりちょっと下くらい?

ついでに、細かい得点は、
 言語 : 5/10点
 記憶 : 10/15点
 論理 : 11/15点
 数  : 7/10点
 知覚 : 14/20点

 合計 : 47/70点
……でした。

性別とか、住所、血液型、盲腸を切ったかどうかは、あんまり影響がないようでしたね。
因みに私は盲腸を持っています……。

参考 :2004年度版テスト・ザ・ネイション 全国一斉IQテスト

Mi vidis televidan pragramon "Testu la nacion", kion dissendis hodiaŭ.
Mi solvis ne per interreto, sed per papero kaj krajono.
Mia IQ estas 104 da poentoj.
Uun, ĉu tio ĉi estas ete sub la averaĝo?

Koncerne, tiu ĉi estas miaj detalaj poentoj.
Lingvo : 5/10
Memoro : 10/15
Logiko : 11/15
Matematiko : 7/10
Percepto : 14/20

Sumo : 47/70
 
Ŝajnas ke la rezulto estas ne influita far genro, loĝejo, sangogrupo, kaj desekci cekumon.
Nun, mi havas cekumon!
posted by tomo at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

蟲師 - Musisi

蟲師という漫画を読みました。
この漫画は蟲と呼ばれる「在り方の異なる」生き物に関する、
物悲しいようなほっとするような幻想譚が、独特の雰囲気で描かれています。
最新刊の5巻は「作品史上最厚の一冊」で、その世界にどっぷりと浸れます。
なんだか日本の古典の物語を読んでいるような気分です。

参考 :Amazon.co.jp: 本: 蟲師 (5)

Mi legis la bildrakonton "Musisi".
Ĝi estas la iluz-rakonto pri "Musi", kio vivas en alia est-maniero.
La rakontoj estas elegiaj, kvietaj, kaj skribitaj en unika mondokoncepto.
Lasta kvina volumo estas plej dika volumo ĝis nun.
Do ni povas eniĝi la mondon profunde.
Ŝajnas kiel legi japanan klasikan rakonton.
posted by tomo at 23:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

内田百フの『冥途』 - "Meido" de Utida Hyakken

内田百フの『冥途』という短編集を読んでいます。
図書館でふと手に取ると、作品紹介に《漱石の『夢十夜』に勝るとも劣らない》と書いてあったので、思わず借りてきました。

しかし、一つ目の『花火』という小品を読んで、とても恐ろしくなってしまいました。
続きはまだ読んでいません。

参考 :Amazon.co.jp: 本: 冥途

Mi legas "Meido", kio estas noveletaro de Utida Hyakken.
Mi senintence prenis ĝin en librarejo.
Mi prunteprenis ĉar ĝia prezentfrazo.
Ĝi estas "egalvalora kompare kun 'Yumejuuya' de Souseki".

Sed unua noveleto "Hanabi" tre teruris min.
Mi ne legas sekvajn noveletojn ankoraŭ.
posted by tomo at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

『蝶の舌』 - "LA LANGO DE LA PAPILIO"

『蝶の舌』という映画を見ました。
マヌエル・リバスの同名の小説が原作です。
実際はマヌエル・リバスのいくつかの短編をあわせて一つにした映画で、
私は原作を先に読んだので、「あ、ここはあっちの物語だな」とか、思いながら見ました。

映像に出てくるスペインの自然が美しいです。
それに、モンチョ(主人公)役の子の演技がとても上手。
途中に出てきた中国人の少女がなんだか、吹石一恵さんとか、卓球の福原愛ちゃんとかに似てました。

私はスペイン内戦についての知識はあんまり無いけれども、
最後の場面はやっぱり感動です。
実は、今か今かと思いながら見てました。

参考 :Amazon.co.jp: DVD: 蝶の舌

Mi vidis la kinon "LA LANGO DE LA PAPILIO"
Ĝia originalo estas samnoma novelo de Manuel Rivas.
La kino estas konstituita el riaj tri noveletoj.
Mi legis la noveletojn antaŭ vidi la kinon.
Do mi pensis "tiu ĉi sceno estas el la noveleto" dum vidi ĝin.

Hispana bela naturo aperas en la kino.
Rolulo de Moncho, kiu estas heroo de la kino, aktoris tre bone!
Mi pensis ke ĉina knabino similas Fukiisi Kazue aŭ Fukuhara Ai, kiu estas tablotenisisto.

Mi ne havas detalan scion de Hispana interna milito.
Sed mi laŭpense emociiĝis al la lasta sceno.
Fakte, mi vidis la kinon atendante la scenon.
posted by tomo at 21:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。