2005年02月17日

長い長い教授のお話 - longa longa parolo de profesoro

今日は教授の先生の部屋に行って、色々お話を聞いてきました。
新しく出来た建物の7階なので、窓からの景色が非常に素晴らしい!
ちょうど机の上にカステラがあったので、教授に頂きました。
秘書の人に熱い緑茶も煎れてもらって、美味しかったです。

教授は学生と話をするのが好きだとおっしゃってました。
でも、時間がないないと言いながらも2時間しゃべりっ放しでした。
話に行ったこっちの方が、お時間大丈夫なのかと心配するくらいです。

教授の部屋の本棚にはなにやら難しそうな本がたくさん並んでいます。
横文字の分厚い本だとか、古くてぼろぼろの本だとか。

しかし、驚いたことに、『動物のお医者さん』が1〜3巻までその本棚に入ってました。
教授、もしや漆原教授にあこがれているとか……。

Hodiaŭ mia amikoj kaj mi iris al studejo de profesoro. Ni aŭdis diversan parolon.
La studejo situas en 7a etaĝo de nova konstruaĵo. Vidaĵo ekster ĝia fenestro estas tre bela!
Spongokuko ĝuste estis sur la tabro, do la profesoro donis ĝin al ni.
Ni manĝis ĝin kun varmegan verdateon, kion sekretario infuzis. Ĝi estas bongusta...

La profesoro diris ke ri amas paroli kun studento.
Malgraŭ ri diris ke ri ne havas tempon, ri daŭrigis paroli dum du horoj.
Eĉ ni, kiu iris palori kun ri, zorgis rian tempon.

En ria libroŝranko, viciĝas multaj libroj, kiuj ŝajnas malfacilaj.
Estas fremdlingva libro, malnova ĉifona libro k.t.p.

Tamen, mirinde, estas 1-3 volumoj de "Doubutu-no Oisya-san (bildrakonto de animala kuracisto)".
Profesoro, Ĉu vi aspiri profesoro Urusihara?
("Urusihara" estas aperanto de la bildrakonto. Ri estas strangulo!)
posted by tomo at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。