2004年10月20日

暴風警報願います - Mi petas alarmon de ventego

今日は台風が近づいていたので、大学が休みになるかもと思って、
9時くらいまで家で待機していました。
でも、暴風警報が出なかったので、結局学校に行きました。

2限まで受けると、暴風警報が出たらしく、午後からの授業は休講になって、
家に帰ってきました。
電車の中は家に帰る人でごった返していました。
う〜ん、どうせ暴風警報を出すなら、もう少し早くお願いします。

Ĉar la taifuno proksimiĝis, mi pensis ke mia universitato povus ripozi.
Do mi atendis iri al universitato ĝis 9.
Sed alarmo de ventego ne dekretis. Rezulte mi iris al la universitato.

Mi aŭdis lecionojn ĝis dua periodo.
Oni diras ke alarmo de ventego dekretis, do lecinoj ekde tagmezo estas nuligita.
Mi revenis al mia hejmo.
La tramo estas sata de homoj, kiuj revenas al sia hejmo.
Mi petas pli fruan alarmon, se iel dekretis ĝin.
posted by tomo at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17605606

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。