2004年10月18日

血液型 - sangogrupo

今日、学校で適当に洗い物をしていると、隣で洗っていた子に、
「実は結構大雑把? 絶対A型やと思っててんけど。」
と言われました。

また、バイト先では、「血液型O型やんねぇ?」と言われました。

私は血液型性格判断は信じてません。
一発で当てられたためしがないのです。
それに、自分の血液型を言うと、
「ああ、やっぱり。ちょっと変わってるもんねぇ」
と言われます。
うーん、AB型の人は損だと思います。

Hodiaŭ mi faris lavi maldelikate en mia universitato.
Oni, kiu lavis en apud mi, diras "Ĉu vi fakte estas maldelikata? Mi pensis ke vi certe havas sangogrupon A."

Kiam mi kromlaboris, mi estas dirita ke "Vi estas sangogrupon O, ĉu ne?".

Mi ne fidas ecaroklarigon per sangogrupo.
Mi ne havas sperto, kio oni divenas mian sangogrupon unue.
Aldone, kiam mi diras mian sangogrupon, mi estas dirita ke mi aspektas ete stranga.
Uun, oni, kiu havas sangogrupo AB, estas malavantaĝa!!
posted by tomo at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。