2004年09月09日

神在月 - la dioekzista monato

Mi volas iri Izumo.
Ĉar mi legas libron pri Izumo, mi volas paŝi ĉirkaŭ tie.

Nun, oni diras ke "la dioneekzista monato", kio estas alia nomo de la 10-a monato, estas nomita je "la dioekzista monato" en Izumo.
Ĉi tio estas ke kontraŭe dioj, kiu escepta Izumo, estas elirinta al Izumo, en Izumo dioj kolektiĝas.
Imagante ke dioj kolektiĝas kaj interparolas en Izumo, mi interesiĝas ĉi tion.

なんだか出雲に行きたくなりました。
出雲に関係する本を読んだからなんですが、そこら辺をぶらぶらしてみたいです。

ところで、10月の異称である、「神無月」は、出雲では「神在月」というらしいです。
これは、出雲以外の国の神は出雲の国に出かけてしまって留守なのに対して、出雲の国では神が集まってくるので、「神在」なんだそうです。
出雲の国に神々が集まって世間話をしている姿なんかを創造したら楽しいですね。
posted by tomo at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック