2004年08月31日

長いもの - Longaĵo

今日の単語 : longa (長い)

Se mi estas demandata, ke parolu pri longaĵo, objekto kion mi unuafoje ekpensas estas serpento.
Mi ne abomenas ĝin, sed ĉiam ĝi estas tipo de longaĵo, mi pensas.
Jules Renard kiu estas franca poemisto, priskribis serpenton en la sia libro "Historio De Naturo".
La priskribo estas nur la unuvorto de "tro longa".
Leginte ĝin, mi ridegis dum momento.

「長いものといえば?」と聞かれて最初に思いつくものは、やっぱりヘビです。
私は特にヘビを苦手としていないけど、長いものの典型であることに変わりはないと思う。
フランスの詩人ジュール・ルナールは、著書『博物誌』のなかで、ヘビについて書いたんですが、
それはただ一言、「長すぎる」とだけでした。
読んだとき、ちょっと爆笑でした。
posted by tomo at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 本と映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。